~中古枕木販売~

CAPETOWN不動産では枕木のレトロな質感を最大限に生かした活用をおすすめいたします。詳しくはこちらからどうぞ!

 

SOLD

1950 Spartan Royal Mansion  33Feet   

千葉県いすみ市にて現車確認可

CAPETOWN  NEWS

2016年 7月着工

太東 ~森の高台からひっそりと海を見る~」

2015年  9月 建築着工

  「太平洋を見渡す家」

2015.11.20 

Capetown House  Project

コンテナハウスの魅力

主に物流で使用されているコンテナですが、近頃はコンテナハウスに注目が集まり、人気を高めております。そこで、コンテナハウスのどういったところに魅力があるのかまとめてみました。

短工期

住宅を建てる期間は長いというイメージがあると思いますが、コンテナハウスの場合、一般的な建築と異なり、骨組みから作る必要がありません。また、施工し終えてからトラックで運び、設置をするだけなので、短工期で手に入れることが可能です。工期遅延ということもありませんので、お引越しの計画も立てやすいのではないでしょうか。移動の際に解体することなく運べるため、東日本大震災の時にもコンテナハウスが仮設住宅として活躍しました。

設計やデザインの自由度

一口にコンテナと言っても、12フィート、20フィート、40フィートなど大きさもバラバラですし、赤、青、黄色などカラーバリエーションも豊富です。連結して広くすることもできますし、自分好みの色や柄に塗装することも可能です。別荘や店舗などにコンテナハウスが用いられているのは今では有名ですが、フランスでは、コンテナを100台並べて学生寮が作られたそうです。アイデア次第で理想の空間を実現することができるため、夢が広がるのではないでしょうか。

耐久性と室内温度管理

様々なメリットがあるコンテナハウスですが、気になるのが耐久性と室内温度管理です。どれだけリーズナブルでオシャレでも耐久性が悪かったり、室内温度管理が難しかったりするのでは、需要は伸びないと思います。まず、耐久性ですが、コンテナハウスには耐錆加工された厚さ1.6~2mmのコルゲート鉄板が用いられており、耐用年数は約50年とも言われています。地震にも耐えられる高い耐久性を持っているため、地震の多い日本に最適です。そして、室内温度管理です。確かに一昔前まではコンテナは、夏は暑くて冬は寒いといった特徴がありました。しかし、弊社のコンテナハウスには、ウレタン吹付断熱材が施されております。そのため、1年を通して快適に過ごすことが可能となりました。

様々な活用ができるコンテナハウスはライフスタイルを豊かにしてくれます。千葉県いすみ市でコンテナハウスをお求めの方はケープタウン不動産へお任せください。都会からのアクセスも良く、海もあるいすみ市は、都会の喧騒から離れたいと別荘を構える方におすすめのエリアです。